| PAGE-SELECT |

眼精疲労のお話

3299-2-30.jpeg

最近肩がこる、頭痛がするなんてことはありませんか?
もしかすると眼精疲労かもしれません。
遠視の方は眼精疲労になりやすいんです。
イラストのように遠視の方はピントが目の後ろにあってます。
ピントをあわせるために常に目の力を使っているので
眼精疲労になりやすいのです。

ある程度の遠視であれば目の力を使えばキレイに見えてしまうので
メガネをかけない人も多いですが、
メガネをかけることによって疲労の軽減につながります。
気になる方は悩みが解決するかもしれないので
一度目を調べてみてはどうでしょうか?
スポンサーサイト



メガネのお手入れについて

3299-2-15.jpeg

今日は豆知識です

「枝豆は大豆なんやで~」
「ってそれは豆の知識やがな!」

メガネのお手入れの話です。

メガネのレンズが汚れた時、どうしてますか?
シャツの裾とかでふいてないですよね?(笑)

メガネのレンズは最近ほとんどがプラスチック製です。
プラスチック製レンズは柔らかいので、硬いものが当たるとキズがつきます。
また、レンズ表面を反射防止の多層コートがコーティングしてますので
傷がつくとコートがはがれる原因になったりします。

めがねが汚れた時のお手入れは

1、メガネを水道の流水で水洗いします


かならずお水で。
お湯はプラスチックを膨張させるので表面のコートが傷みます。
同じ理由で車の車内に置きっぱなしもレンズの傷みの原因です

2、柔らかいタオル・ティッシュで水を拭います

ゴシゴシ拭いたらキズになりますよ。
水をとるだけ。柔らかくつつんで水を吸収させてください。

3、目の細かい布(メガネ拭き)で拭きあげます

キレイに拭いてあげてください。
水垢がつくと取れませんよ。

3段階。簡単ですね。
もし水だけでは汚れが取れないときは

台所食器洗剤(中性)

を使って、レンズを指の腹で洗ってください。石鹸はNGです。

これでも取れない汚れはキズやコートはがれの可能性が高いので
お店で相談してみてくださいね。

ちなみにお店では超音波洗浄器がございますのでメガネを洗っていってください。
ついでに調整もできますしね。もちろん無料ですのでお気軽に。

朗…報…???

こんにちは、店長しゅんちゃんです。
皆さんは眼鏡が汚れた時どうしてます?

・家まで我慢する
  一番多そうですねー

・カバンから眼鏡ふきを取り出して拭く
  めったに居ませんね。

・シャツの裾でフキフキ

  これ!やってるひといませんか?

眼鏡にキズつける原因ですよ!
さて、こんな方に朗報・・・?
なんと、眼鏡拭きが付いてるシャツが登場しました(笑)
その名も「wipe shirt」

「まんまやないかい!!」とツッコミたくなりますが、ひとまずおいといて。
どんなものかというと
下記URLのnovelaxstoreさんでみることができます
↓ ↓ ↓
http://store.novelax.jp/?mode=cate&cbid=529901&csid=2

本当にシンプルなシャツですね。
まぁ・・・個人的な感想は「馬鹿アイテム」だったんですが(笑)
でもこんな突拍子も無い発想からアイデア商品は生まれるんでしょうね。

メガネの種類

一言でメガネといっても種類が沢山ありますよね。
そこで今回はメガネのカタチで分類して特長をお教えします。

・セルフレーム

aj_62_farbe_02.jpg
プラスチック製のフレームです。
昔は素材がセルロイドだったのでセルフレームと呼ばれます。
メガネを掛けると、フレームが目立つので個性を引き立てるメガネになります。
プラスチックなので熱に弱いのが欠点です。

・フルリムフレーム

t_39_farbe_01.jpg
一番昔からあったタイプのメガネです。
フレーム前面部分、レンズの周りを金属のフレームが1周しています。
セルフレームほどではないですが、メガネが目立ちやすいので個性を出せます。
強度も一番あります。

・ハーフリムフレーム

mn_25_farbe_01.jpg
フレームの上部もしくは下部にフレームがあり、片側はレンズがむき出しになってます。
レンズに溝を掘ってナイロンの糸で固定してあるのでナイロールとも呼ばれます。
一部にフレームが無いので顔の印象にメガネが馴染みやすいのが特徴です。
ナイロンの糸が時間が立つと劣化してくるので、1-2年に1度糸を交換させてください。
お手入れ・糸の交換はいつでもサービスでやってます。

・ツーポイントフレーム

tgp_2_farbe_01.jpg
所謂フチなしメガネです。
メガネを掛けてないような印象になるので、顔の印象を変えたくない方や
コンタクトレンズをしている方の入門メガネにはオススメです。
ただし、レンズに直接穴を開けてレンズを固定するので、強度的には一番劣ります。
普通に取り扱う分にはいいですが、片手で取り外ししたり、乱暴に扱うと割れてしまうことがあります。



大きく分けるとこの4種類があります。
詳しい説明はお店でもさせていただきますね。

ちなみに上の写真のメガネは
コンキスタドールというブランドで、私がドイツから直輸入しました。
高知では天狗堂のみ、日本でも数店舗しか取り扱いが無いフレームです。
コンキスタドールが見てみたい方は一度お店に寄ってみてください。

| PAGE-SELECT |